本文へスキップ

構造医学の治療で、腰痛・膝痛・交通事故・スポーツ障害に驚く効果!

ご予約・お問い合わせはTEL.048-663-3055

〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町1-612-3

膝(ひざ)の痛みknees pain

膝・ひざの痛み


こんな症状ありますか?

このような症状なら、きっと良くなります!

膝の痛み - ふく山接骨院
  • 痛くて正座ができない。深くしゃがめない。
  • 足を組んだり、あぐらをかくと痛い。
  • 階段の昇り降りが痛い。立ち上がる時に痛い。
  • 膝が痛くてしっかり伸ばせない。
  • 膝のお皿(膝蓋骨)の下の痛み。
  • 膝の 内側 ・外側の痛み。
  • 膝の裏側の痛み。 『ベーカー嚢腫』と言われた。
  • 関節水腫:膝に水が溜まっている。
  • 『半月版損傷』と診断された。
  • 『腸脛靱帯炎』と言われた。
  • 『鵞足炎』と言われた。
  • 『内側側副靱帯損傷・外側側副靱帯損傷』と診断された。
  • 『ジャンパーズ・ニー』:走る・ジャンプすると痛い。
  • 『オスグット病』(成長痛・オスグットシュラッテル病)と診断されたが良くならない。等

階段を痛くなく下りられます!


一般的な病院の診断・治療は…

膝の痛み - ふく山接骨院
  • 階段の昇り降り・膝の曲げ伸ばし・立ち上がりや歩行 等の日常生活動作で悩む膝の痛み。

    痛み・変形の多くが「老化・体重増加・使いすぎ(仕事・スポーツの過剰負担)」が原因と言われ、長期間の治療の割には一向に痛みは取れません。

    傷病名は『変形性膝関節症・膝関節水腫・ベーカー嚢腫 』等になります。
    (実はこれらは『本当の原因』ではなく痛みを強くする条件だからです。)

    スポーツのケガでは『膝関節捻挫・靱帯損傷・半月板損傷・ジャンパーニー・鵞足炎・オスグッド病』等が多く見られます。
    これらのケガで多くのスポーツ選手が、試合・トレーニングを休む事になります。

    一般的な治療法として、低周波等の電気治療・マッサージ・痛み止め・湿布等の投薬治療が行われ、安静固定を指導されます。

    水腫(水が溜まる)がある場合は注射で抜いたりヒアルロン酸を注射したりします。
    運動療法として大腿四頭筋(大腿前側)の強化運動を指導されます。


構造医学的診断・処置は…

構造医学は、ココが違います!

膝の痛み - ふく山接骨院
  • 一般的に「老化・体重増加・使い過ぎ」が原因と言われますが、実は多くの場合全く違う「本当の原因」が隠れています。

    私たちは「老化・体重増加・使い過ぎ」は痛みを強くする条件と考えます。

    本当の原因は、使い過ぎではなく「間違った歩き方・膝の使い方」によって膝関節のバランス異常が作られる事です。

    『関節面圧』等の手技で前後バランス・捻れを整えて、正しく歩いた時の膝関節の位置に戻してあげると、一回目からとても歩きやすくなります。

    お家でできる簡単な『正しい立ち方・正しい歩き方』をお教えし、できるだけ早く症状を軽くするお手伝いを致します。

    身体の仕組み通りに使うと、自然に「美しい立位・カッコイイ歩き方」になって行きます。
    決して難しくありませんので、一緒に練習して行きましょう。

構造医学のスポーツ外傷・ケガ & スポーツ障害 & 成長痛オスグッド

1 スポーツ外傷・ケガ

  • 一度に大きな外力が加わり、急性的に運動器が損傷したもの。
    スポーツで起こったケガを『スポーツ外傷』と言い、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ等)のことです。

    骨折・捻挫を起す程の力が加わった時、その関節の「骨と骨の位置関係」のバランス異常も発生していると考えます。

    通常は患部を固定してケガの修復を待つだけですが、当院では患部の骨と骨の位置関係を『関節面圧』でピタリとバランス調整してから固定する施術で、以下のメリットがあります。

    固定が不要な症例なら、練習を休まずトレーニングを続けながら治療が可能です。

     <関節面圧によるメリット>
     1 治療期間・リハビリ期間の短縮   → レース・トレーニングへの早い復帰のため。
     2 患部関節を整える事で耐性が上がる → 将来のケガの予防のため。
     3 後遺症が最小限で済みます。

2 スポーツ障害

  • 同じ部位や関節に『長期間小さな外力が反復継続』して負荷が掛かかり、慢性的に関節・組織が変性・損傷したもの。
    特定部位に繰り返し負担が掛かる事で筋・腱・靭帯・骨が損傷します。

    長期間小さな外力による関節バランス異常は、レントゲン・MRI画像に写らない微妙にズレた状態であり、ギシギシと動きの抵抗が高いため動かす筋肉・腱・靭帯に大きな負担トルク力が掛かります。

    ズレた関節面は離解しているので、周辺の筋・腱・靱帯は引き伸ばされて切れやすい・攣りやすい状態になっています。

    通常の治療では、電気治療・アイシング・テーピング等と安静・休養が指導されるだけです。
    しかし当院では、『関節面圧』でピタリとバランス調整してから固定する事で、治療期間の短縮と早いトレーニング復帰を目指し、軽度ならトレーニングしながら治療が可能です。

    バランス異常の原因は、間違った動きによる小さな外力の繰り返しであるため『バランスを崩さない正しい動きの練習』が重要です。

    当院では『正しい身体の使い方』をご指導する事で、早い治癒と再発の防止を目指します。
    さらに、正しい身体の使い方は運動パフォーマンスが上がるので、タイムの短縮や競技成績の向上が期待できます。

    当院では、選手患者様ごとの目標・意見をしっかり聞いて、できるだけ試合・練習を休まず、肉離れ・攣り等の再発の予防を目指し、ご希望に沿う施術を心掛けています。


3 成長痛・オスグッド病

  • オスグッド・シュラッテル病:膝を伸ばす太腿前側の筋肉『大腿四頭筋』が付着する『脛骨粗面/けいこつそめん』の痛み・肥厚。
    成長期の子供達の特有の部位の痛みで、小中学生のスポーツ選手・活発なお子様に多いと言われます。

    一般的な理由は『大腿骨の成長スピードが速く、大腿四頭筋の成長スピードが遅いため追いつかず、筋肉付着部・脛骨粗面が引っ張らる事で痛みを感じる』と言われています。

    しかし、成長が原因では治療法はなく、極端な場合「成長が止まるまで症状が消えない」という事になります。
    長期間の安静・休養のため、小中学校時代の限られた選手期間に試合・トレーニングができません。

    構造医学は「骨の成長と筋肉の成長のスピードの違い」ではなく、整形外科学では無関係と考える『膝関節や仙腸関節のバランス異常による脛骨粗面への応力集中』が原因で発症すると考えます。

    「本当の原因」である関節や周辺組織への施術で、練習しながら治療ができ大幅な治療期間の短縮が可能です。
    是非一度、私達にご相談ください。

専門医との連携
重い症状・レントゲン検査・MRI検査が必要と思われる症状は『西大宮病院』様『増田外科医院』様等、専門病院と連携治療致します。 まず一度、ご相談ください。.

ご自分でできること

膝の痛み - ふく山接骨院
  • 先ず『膝を伸ばして立つ・歩く』を身に付けましょう。
  • しっかり爪先を上げて踵から着地して歩きましょう。
  • 踵をホールドする履き物ものを履きましょう。
    ※サンダル・スリッパはダメ

完全予約制 お電話ください。

ご予約・お問合せは048-663-3055クリック

ふく山接骨院 電話番号048-663-3055 診療時間&定休日
↓どこが痛みますか?

Fukuyama Sekkotsuinふく山接骨院

〒331-0814
埼玉県さいたま市北区東大成町1-612-3
TEL 048-663-3055
FAX 048-663-3055

エキテン口コミ - ふく山接骨院 フェイスブック - ふく山接骨院 Amebaブログ - 院長のトレ日誌
YouTube - 手技療法動画公開中 エキテン - ふく山接骨院